強い組織づくりで業績向上を目指す!

   少子高齢化が進む日本。そして、経済においても右肩上がりの時代は終わりました。日本的経営の三種の神器と言われる「終身雇用」「年功序列型賃金」「企業別労働組合」も崩壊してきております。更に、ITなどの技術の進歩も著しい社会において、人の働き方も大きく変化してきております。このような厳しい環境で生き残っていく会社は、どのような組織なのでしょうか?それは「モチベーションの高い人々が活き活きと働く、輝いた組織」であると思います。そのような組織を増やしていくことをブライトナーズ・コンサルティング株式会社は目指していきます。

なぜ、人・組織が重要なのか?

    例えば、パソコンは機種が違ってもスペックが同等であれば、同程度のアウトプットが出せます。おそらく価格も大差ないでしょう。会社の資産がパソコンだけなら、同程度のスペックのものを買うだけで差は無くなります。財力だけの話です。一方、人材はそうはいきません。そして、この人・組織の差が長い目で見た場合、企業間の業績に大きな違いを生み出します。

    経営を考える上で、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」という経営資源に着目する必要があります。また、経営理念、ビジョン、経営戦略なども重要な要素ですが、これらを作り上げていくのは「ヒト」そして「組織」です。弊社では、人・組織を重要視したコンサルティングを心がけていきます。

 

お知らせ


5月から電話番号が変わりました。HP下の電話番号が新しい番号になります。